2010年11月07日

レット症候群とコミュニケーション

レット症候群の子供は、言葉による表現よりも、ジェスチャーやボディーランゲージで自分の感情を表現します。


レット症候群の子供たちは、言葉による意思の伝達ができなくても、コミュニケーションをとろうとしていますので、彼女(彼)たちの気に入るコミュニケーション手段を見つける必要があります。絵や写真、ホワイトボードなど、いろいろ試すといいでしょう。


レット症候群の子供たちの意思を汲み取ることは、なかなか難しいですが、彼女(彼)たちの方がこちらの意思を理解するのが難しいということを常に念頭において接することが大切です。ボディランゲージやジェスチャーをふんだんに取り入れてコミュニケーションをとりましょう。


レット症候群の子供たちには、なるべく二者択一で答えられるように話しかけましょう。ほしいものを尋ねる場合、「何がほしいの?」ではなく、「これはほしい?」と尋ねて、YESかNOで返答できるように気遣いましょう。この方法をとってコミュニケーションがスムーズにいくとは限りませんが、コミュニケーション手段をいろいろ試しながら、できるだけじっくりと向き合う必要があります。





[PR]にきび対策なら
posted by mika at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。