2010年11月01日

胸郭出口症候群の予防

胸郭出口症候群を予防する方法をいくつかあげましょう。


胸郭出口症候群を予防するには、姿勢に気をつける必要があります。パソコンのディスプレイを見る時は、顎を前に突き出しすぎないようにします。


またデスクワークの時にありがちですが、うつむいた状態を長く続けないようにします。デスクワークや手作業の合間、休憩時間などには、腕を頭の上にあげてストレッチをしましょう。


胸郭出口症候群の予防には、首や肩まわりをほぐすことも効果的です。肩周りをほぐすには、肘を曲げたままでゆっくりと腕をぐるりと回します。


首をまわすには、まず息を吸って頭を下に向け、ゆっくりと息を吐きながら右まわりに首をまわします。首の筋肉がのびていることを実感しながらまわすのがポイントです。右が終わったら左まわりもやります。


胸郭出口症候群の予防として、頭を支える筋肉が疲労しにくくなるよう、首、肩周りに筋力をつけることも効果的です。





[PR]エステ北九州で体験
posted by mika at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。