2010年09月07日

月経前症候群について

月経前症候群というのは、月経前7〜10日頃から身体的、精神的に不快を感じるようになり、月経が始まると共にその症状は消失するというものです。


女性の多くは、月経前症候群にあてはまっていると思いますが、わたしもバッチリと月経前症候群患者です。


月経前症候群は、西洋医学的にはホルモンバランスが崩れるのがその原因かといわれていますが、まさにホルモンに翻弄されるがごとく。精神的には、心が乱れ、絶望感に襲われ。身体的には、疲れて起きていられず10時間以上寝ることもあります。


その他、月経前症候群の身体的症状として、下腹痛、腰痛、下腹部が張る、乳房が痛い・張る、頭痛、むくみ等々あるようですが、その症状は個人差があるといえます。


月経前症候群の対処法は、まず異変が起きる時期を把握して、この精神状態や体調の異変は月経前症候群によるものと自覚すること。自覚することで(しかも生理が始まると症状は消えるということで)かなり精神的に楽になります。


月経前症候群の簡単にできる改善策として、緑黄色野菜をたっぷりとること、なるべく歩くこと、睡眠時間をたっぷりとることがあげられます。歩くのは足のむくみの解消と、ストレス解消・リラックス効果があってオススメです。





[PR]社会とか
posted by mika at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161803620

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。