2010年08月19日

椎間板ヘルニア手術について

ヘルニア手術には「椎間板ヘルニア手術」というものがあります。背骨と背骨の間にある椎間板という軟骨はクッションの役割をしているのですが、これが何らかの原因で飛び出してしまい、結果的に神経を圧迫して痛みを生じさせてしまうのが、椎間板ヘルニアという病気です。


椎間板ヘルニアの場合、手術に至らない場合は、「保存療法」といって、安静にしたり、薬物治療やコルセットの使用や理学療法といった治療がなされる場合があります。しかし痛みがひどい場合や、麻痺などが現れた場合には椎間板ヘルニア手術が適応されることになります。


椎間板ヘルニア手術では、病気の程度によって方法も異なります。比較的軽い場合では、最近ではレーザーを使った手術があります。これは手術時間も短く、日帰りで手術が可能です。日帰り手術としては、局所麻酔で背中に管を挿入し、X線またはMR透視下で椎間板の一部を摘出する方法もあります。その他には、全身麻酔下で背中の一部を切開し、ヘルニアを摘出する手術がありますが、ヘルニアの進行の程度によっては、椎弓切除術や脊椎固定術という手術方法もあります。


ヘルニア手術を受ける場合、医師からしっかりと説明を受け、納得してから手術にのぞむようにしましょう。





[PR]エステ横浜
posted by mika at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。