2010年08月13日

流産手術について

流産手術は、一般的には母胎の中で死んでしまった胎児を強制的に出す手術のことです。流産が起こるのは、9割は受精卵の異常によるものです。超音波検査によって、最近では早期に流産していないかどうかを発見できるようになっています。


流産手術は妊娠週数によって、死亡した胎児を出す方法が異なります。早期の場合、子宮に管を入れて中身を出す手術方法がとられますが、子宮の中身が完全に出てしまうケースもあり、医師の診断によっては、薬で様子を見る場合もあるようです。


流産手術をしたほうがよいと医師が判断した場合、早めに手術したほうがよいです。子宮に異物が残ることになるので、そこから感染し、母体に悪影響が生じるからです。


流産手術を受けた場合、特に妊娠を望んでいた場合などは、精神的なアフターケアも重要となってきます。





[PR]エステ神戸市
posted by mika at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。