2010年08月10日

流産手術について

流産手術が行われるのは、妊娠22週未満に胎児が死んだり母体から出てしまったりして妊娠が停止してしまった場合です。医師が手術が必要と判断した場合に、流産手術が適応されます。


流産手術は、今回の妊娠をあきらめるよう診断された場合には、早急に手術適応とされます。なぜなら、母体に多大な影響があるからです。流産は早期流産(妊娠12週未満におこる流産)と後期流産(妊娠12週以降、22週未満の流産)にわかれます。


流産手術では、早期流産の場合は「子宮内容除去術」という手術が行われます。このとき子宮内にある胎児や胎盤をきれいに出します。後期流産で胎児が大きくなっている場合には、分娩の形で胎児や胎盤を出す手術がなされます。





[PR]コミュニティ
posted by mika at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。