2010年07月10日

遠近両用眼鏡とは

遠近両用眼鏡とは、一枚のレンズで遠・中・近と見えるレンズを使用した眼鏡で、老眼鏡の主流となっています。


遠近両用眼鏡は、かけ始めの頃に、ゆれやゆがみを感じたり、視野がせまくなったような違和感を感じる人が多いようです。この違和感はすぐ慣れるもののようですが、老眼の度が進むと違和感も大きくなるようですので、度の進まないうちに遠近両用眼鏡を使用するといいといわれています。


遠近両用眼鏡のレンズは、上部・下部のレンズが異なるレンズで、それが境目なく一枚のレンズとなっているのが特徴です。遠近両用眼鏡は、老眼になる前の視力の状態によってレンズも異なります。


○もともと視力に問題なかった場合は、上部は度数ゼロで下部が凸レンズ

○もともと遠視の場合は、上部が弱い凸レンズ、下部が強い凸レンズ

○もともと弱い近視の場合、上部が弱い凹レンズ、下部が度数ゼロか弱い凸レンズ

○もともと強い近視の場合、上部が強い凹レンズ、下部が弱い凸レンズ


遠近両用眼鏡に限らず、眼鏡を作る場合は必ず視力検査をしましょう。一口に遠近両用眼鏡といっても、個々人の視力にあわせて作られますので、他人の眼鏡では全然見えないということも多々あります。





[PR]ニキビ対策なら
posted by mika at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。