2010年07月07日

遠近両用眼鏡とは

遠近両用眼鏡とは、累進屈折力レンズという種類のレンズを使ったもので、1枚のレンズで遠く・近くを矯正できる眼鏡です。


通常の老眼鏡では、凸レンズが使われており、これだけでは手元のものを見るのはいいのですが、遠くのものを見るときは、眼鏡をかけるとかえって視界がぼやけてしまいます。遠近両用眼鏡は、こういった不都合があるケースにおいて眼鏡をかけたり外したりしなくてすむように作られたもので、現在、老眼鏡の主流となっています。


遠近両用眼鏡は、近くを見る時はレンズの下部を通して、遠くを見る時はレンズ上部を通して見ます。遠近両用眼鏡は、レンズの上部・下部の境目がないところが特徴となっています。


この境目がないところを活用して、遠近両用眼鏡のみならず、中近レンズ、近々レンズといったものも作られています。自分の生活形態や用途によって最適な眼鏡を選ぶといいでしょう。





[PR]中高年の出会いなら
posted by mika at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155677136

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。