2010年07月04日

眼鏡について

眼鏡の主な役割は、視力を矯正することです。視力が悪いといっても、その内容によって眼鏡に使うレンズが異なります。


○近視の場合、凹レンズ

近視とは、網膜上の正しい位置ではなく手前に焦点を結んでしまう状態のことです。近視用の眼鏡には凹レンズを使用します。凹レンズは、中央が縁より薄くなっています。


○遠視の場合、凸レンズ

遠視とは、網膜上の正しい位置ではなく後方に焦点を結んでしまう状態のことです。遠視用の眼鏡には凸レンズを使用します。凸レンズとは、中央が縁より厚くなっています。虫眼鏡に使われているレンズも凸レンズです。


○乱視の場合

乱視とは、角膜や水晶体が歪んで光の屈折がずれることで焦点があわなくなる状態です。たいていの人は乱視をもっており、近視や遠視などの矯正の際に、ついでに乱視も矯正するケースが多いようです。


○老眼鏡の場合、凸レンズ

老眼とは、眼の調節機能が加齢とともに低下していき、近くのものに焦点を合わせられなくなった状態。遠視と老眼はメカニズムは異なりますが、同じ凸レンズで補正できます。





[PR]化粧品のホワイティーダ
posted by mika at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。