2010年05月01日

視力回復手術の種類

視力回復手術には、レーザーを照射して角膜を削ることで屈折率を変えて視力回復させるものが多くあります。


視力回復手術の種類は、フラップを作るものとして「レーシック」「イントラレーシック」「エピレーシック」「ウェーブフロントレーシック」「イントラウェーブフロントレーシック」などがあります。


視力回復手術のうち、フラップを作らない物としては、直接角膜上皮を除去し角膜実質層にコンピュータ制御のレーザーを照射して行う「PRK」、放射状角膜切開術を意味する「RK手術」などがあります。


これらの手術が受けられないほど強度の近視の場合には、人工レンズを角膜と水晶体の間に挿入して人工レンズで屈折率を大きく変えられる「フェイキックIOL」という方法もあります。


視力回復手術は、適合検査を事前に受け、自分にあった方法を選びようにしましょう。





[PR]恋愛と結婚
posted by mika at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一ヶ月で借金100万ちょい返済できたぞ!!!!!!!!!
http://CHorIEs.NET/dt/flq7860
でも、がんばり過ぎて今スゲー腰痛いww
Posted by シャアザク at 2010年05月03日 15:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148400492

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。