2010年04月19日

イントラレーシックの善し悪し

イントラレーシックは最先端の視力回復手術です。


イントラレーシックは、コンピュータで制御して手術することができるため、従来のレーシックと比べると視力回復度が大きく、また、ドライアイやハロ(光の周りがもやがかかったように見える)などのレーシックで起こる合併症も大幅に抑えることができるようになりました。さらに、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することも可能です。


イントラレーシック特有の欠点としては、やや手術時間が長い、一度切り取った角膜(フラップ)の接着が安定するまでに時間がかかる、などがあります。


また、異常なほどに光に対して過敏になるという、イントラレーシック特有の合併症の報告もありますが、報告されている発生率は1%〜20%と幅があり、今後の課題といえるでしょう





[PR]エステさいたまなら
posted by mika at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。