2010年04月13日

視力回復手術レーシックの利点と欠点

レーシックは、角膜にレーザーを照射することで角膜の屈折率を変えて視力を矯正する手術です。


レーシックの手術は入院する必要もなく短時間で済みます。また比較的成功率も高いので、眼鏡やコンタクトの使用から解放されたい多くの人に支持を受けています。


視力がダイレクトに成績に反映する多くのスポーツ選手も、レーシックを受けています。


視力回復にはうってつけのレーシックですが、合併症と呼ばれる症状が出る場合があります。こうした症状の例としては、ドライアイ、ハロ現象(明るい光にもやが見える)、グレア現象(明るいところがまぶしく見える)などがありますが、これらは一過性で一定期間を過ぎると改善されるものがほとんどです。


レーシックは、成功率が高いとはいえ、他の手術同様に失敗する可能性はゼロではありません。また、歴史自体も浅いので、長期にわたる安全性が気になる場合は、担当の医師と充分に話合い、レーシックに適合しているかどうかをしっかりとチェックしてから手術を受けるようにしましょう。





[PR]銀座ホステスの求人なら
posted by mika at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。