2010年04月10日

視力回復手術レーシックとは

レーシックとは、LASIKと書き、「Laser in Situ Keratomileusis」を略した言葉です。


レーシックは、視力回復手術の中で最も有名な方法です。


私たちの目は、カメラでいうとレンズにあたる水晶体のふくらみや、しぼりにあたる虹彩の伸び縮みの調整によって、ピントを合わせていますが、この調節がうまくできなくなることで視力は低下します。


レーシックは、角膜を薄皮一枚めくってレーザーを照射し、角膜の内部を削ります。その結果、角膜の屈折力が変化し、それまでぼやけて見えていたものに焦点を合わせることができるようになり、視力を回復することができるという仕組みです。


レーシックは、2005年のアメリカでは130万症例を超えています。プロゴルファーのタイガー・ウッズがレーシックにより成績を上げたという話が広まったこともあり、多くのプロスポーツ選手もレーシックを受けるようになっています。





[PR]エステ福岡なら
posted by mika at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。