2010年03月28日

日本人ならスローフードいっぱいのロハス生活はおてのもの

スローフードは、イタリア生まれの“食の地域性や伝統を大切にしながら人の健康と環境によい食事を”という運動から生まれた言葉です。


スローフードという言葉がイタリア生まれということで妙におしゃれな印象を持つ方もいるかもしれませんが、もともと西洋文化とは違い、自然との調和を図りながら文化を発達させてきた日本では、少し歴史を遡ればその生活はロハス生活そのもの、食はスローフードで溢れていたのです。


今でも、スローフードという名前がつかなくても、日本の伝統的な家庭料理はスローフードそのものです。


ロハスな視点をもって、今まで使っていた野菜を無農薬・有機野菜に、そして化学調味料から味噌・醤油を使った味付けに変え、昔ながらの家庭料理を作るだけでもスローフード生活がスタートできる日本人には、スローフードいっぱいのロハス生活はおてのものと言えるでしょう。





[PR]携帯情報
posted by mika at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。