2009年12月28日

がんの治療と漢方

がんの治療法は、西洋医学においては「手術」「放射線療法」「化学療法」の3つが基本になります。とはいえ、がんの治療法は西洋医学だけではありません。近年では、東洋医学によるがんの治療も見直されています。


 がんの治療を東洋医学を用いて行う際、特に有名なのは漢方でしょう。特に漢方の抗がん剤は、西洋医学で用いる抗がん剤と併用しても問題はありませんし、何といっても副作用がないのが優れた点です。一般的に効果が出るのが遅いと言われている漢方ですが、最近の改良により、抗がん剤も2〜3週間で治療の効果がはっきり出るようになりました。


 がん治療に東洋医学を取り入れる病院も徐々に増えてきているようですので、抗がん剤の副作用や開腹手術に抵抗のある方は、そういった病院をあたってみてはいかがでしょうか?





[PR]エステ体験名古屋なら
posted by mika at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。