2009年11月22日

皮膚がんの早期発見〜メラノーマの場合

皮膚がんには大きく分けて、「表皮がん」と「悪性黒色腫(メラノーマ)」があります。ここでは皮膚がんの中の、メラノーマについて、主な早期発見のポイントを挙げます。


 ・色は全くの黒色、もしくは黒色に茶色が混っている(まれに癌の一部が自然に治って皮膚の色となっていることもある。また、極めてまれに、皮膚色もしくは紅色の無色素性メラノーマもある)。

 ・しこりの周りに墨がにじみ出たように見える場合は要注意。

 ・爪の下にできると爪に黒いスジが入ったように見える。

 ・直径5mm以下ならまず大丈夫だが、数カ月から1年で急に直径6mm以上になった場合はメラノーマの疑いあり。

 ・ペンシルチェック。癌と思われる部位に鉛筆のお尻を当ててみて,はみ出すようであれば要注意。


 皮膚がんの中でも、メラノーマは進行が早く、治療が手遅れになると生命にも関わる恐ろしい癌です。しかし、早期に発見できれば、ほとんどの場合、手術によって完治できる皮膚がんでもありますので、メラノーマの疑いがある場合は、早期に検診を受けるようにしたいものです。





[PR]ネットナビ
posted by mika at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。