2009年11月19日

すい臓がんの早期発見

すい臓がんの早期発見は非常に困難です。それゆえ、すい臓がんは、一度かかると、その死亡率は80パーセント以上。


 とはいえ、すい臓がんの早期発見の例も皆無というわけではありません。以下にすい臓がんの兆候を記しますので、参考にしてみてください。


 ・飲酒の習慣がある人に、急激な食欲減退と体重減少が見られる。

 ・胃腸、肝臓、胆嚢は正常だが、食欲不振・消化不良・体重減少が起きる。

 ・子宮筋腫や卵巣手術の数年後に上腹部痛や背部痛が出る。

 ・数日で治るような、原因不明の腹痛と発熱を繰り返す。

 ・血液中特殊蛋白CEA、フェリチン、CA19−9などに異常値が出る。

 ・上腹部の異常感、不快感、疼痛、背部痛があるが、胃腸、肝臓、胆嚢、胆道などは正常と診断された場合。

 ・日常的にガソリンを取り扱う人が腹痛を訴えた際、胃腸、肝臓、胆嚢、胆道などは正常と診断された場合。


 上記の内容のいくつかに心当たりがある人は、速やかにすい臓がんの検査を受けると良いでしょう。





[PR]ネットショップなら
posted by mika at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。