2011年05月25日

ビジネス系の資格試験

ビジネスパーソンに欠かせない資格とは何でしょうか?


 それぞれの職業に固有の資格試験は別として、基本的にどの企業からも求められるのは、パソコンのスキル、英語でのコミュニケーション能力、簿記・会計に関する知識といったところではないでしょうか。


 パソコンスキルに関しては、事務系の職種ならExcelやWordなど、オフィス製品を使いこなせるスキル。または、パソコンに関する総合的な知識や能力を問われるパソコン検定(P検)などがビジネス系資格として人気です。


 英語関係では、近年、TOEICのスコアが、企業標準となりつつあります。

 ビジネス上のコミュニケーションができる程度には習熟しておきたいものです。


 簿記・会計の知識に関しては、日商簿記検定の2級以上の資格試験を受けて合格しておくと、就職や転職の際にも有利です。簿記を理解できれば、企業の経営についても理解できるようになるので、ビジネスパーソンとしては必須の資格と言えるでしょう。


 また、その他の、スタンダードなビジネス系公的資格としては、ビジネス能力検定試験(B検)、秘書技能検定などがあります。

 これらは、総合的かつ基本的な、ビジネスマンとしての力量を測る目安となるものと言えるでしょう。


 最近では、ビジネス実務法務検定試験という、法律実務知識を問う検定試験も人気が高まってきています。


 ビジネス系資格と言っても、さまざまなものがありますが、宣伝や流行に惑わされず、目的に合致した資格試験に挑んでいただきたいものです。
posted by mika at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ビジネス関係の資格試験について

ビジネス関係の資格試験には、それこそ、超難関の国家試験から、取得してもさして意味のない民間資格の試験まで、さまざまなものがあります。


 就職・転職・独立起業の際にも有利で、キャリアアップにも役立ち、企業からの評価も高い――。

 そんなビジネス系資格には、どんなものがあるのでしょうか?


 一般的には、ビジネスマンとしてのスキルの証明としては、簿記、パソコン、語学力(英語)が挙げられます。


 まず、簿記については、日商簿記検定2級以上の試験を受けて資格を取ると、就職や転職の際にも有利と言われています。

 経理部に所属しない人でも、営利を目的とした企業で働く以上、会社の経営状況を適切に把握する力は必要とされます。ビジネスマンにとっては、欠かせないスキルの一つです。


 次にパソコン関係の資格はどうでしょうか。


 情報処理関係の、プログラマー的スキルまでは要求されませんが、ビジネスマンとしては、基本的なパソコン操作ができるということの証明となるような資格試験には合格しておきたいものです。

 例としては、P検(パソコン検定)や、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)等です。


 次に、英語力です。


 英語の資格試験には、TOEIC、英検、TOEFLが有名ですが、ビジネスマンとしては、TOEIC700程度のスコアがあると、多くの企業や官公庁等で重宝されます。

 英検の場合は、社会的に評価されるのは2級以上と言われています。


 ――簿記、パソコン、語学(英語)の面から、ビジネスマンとして求められるスキルを見てきましたが、実際に携わる職業の分野や職種によって、活きる資格は違ってきます。


 自分の進みたい道と、企業が求めるスキルを考え合わせて、目的にあった資格を取得したいものです。
posted by mika at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

資格を取るための学校選び

資格を取るためには、いくつかの方法があります。


 まず、“TAC”や“資格の大原”、“LEC”といった、資格を取るための学校に通って学習すること。

 これは、合格率も高く、最新の受験情報なども得られるので、おすすめです。しかし、学費は割高で、講義の日程の融通が利かないという面もあります。


 もう一つが、それらの資格学校がやっている通信講座やインターネット講座(eラーニング)を利用して、遠隔で勉強を進めること。

 これは、立地条件や経済面、仕事面等で折り合わず、学校に通うことができない人におすすめの方法です。マイペースで勉強できる反面、自己管理できないと途中で挫折してしまったりすることもあるので注意が必要です。


 もう一つが、参考書を買ってきて独学で勉強すること。たしかに独学だけで合格できる資格もありますが、難関資格となるとそうたやすくはいきません。人気のある国家資格等を狙う場合には、やはり、資格の学校に通うか通信教育の道を選ぶのが一般的と言えるでしょう。

 どうしても独学で行かざるを得ない場合には、全国統一模擬試験などのテストを受けて、客観的に自分の実力をチェックしておくようにしましょう。


 資格の学校や講座の選び方としては、いくつかの学校を比較検討することが大切です。インターネットの無料資料請求を利用したり、説明会に参加したり、体験講座に参加したりして、納得のいくまで検討しましょう。


 ポイントとしては、合格率はもちろん、受講料、立地条件、生徒の数、講師や教材の善し悪し、その他もろもろのサポート制度等です。


 自分のスキルアップ・キャリアアップのためにつぎ込む投資とはいえ、高額のお金を使うことになるので、くれぐれも学校選びは慎重に。


 また、通信講座や独学の道を選んだ場合には、資格商法(士(さむらい)商法)などに引っかからないよう注意しましょう。
posted by mika at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

資格を取るための学校

資格を取得したい!

 そう思ったときに、どこでどのように学べばいいのでしょうか?


 独学では合格するのが難しく、また、人気の高い資格については、“TAC”や“資格の大原”、“Wセミナー”等といった大手の資格学校で、合格のための生の講義を受けることができます。


 こういった資格の学校は、独学するよりも合格率が高いのはもちろん、最新の受験情報の収集・分析にも長けているという点が強みです。


 また、資格の学校と言っても、最近は学びのスタイルもさまざま。


 学校に通う以外にも、通信教育、インターネット経由での講義映像の配信(eラーニング)、講義DVDの視聴等々、各人のニーズに対応したサポートを行っているところもあります。


 資格学校に通うにせよ、独学するにせよ、通信講座を受けるにしろ、一長一短あります。

 立地・予算・開講日時等々の条件と、自分の性格なども考え合わせたうえで、、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。
posted by mika at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

フェイシャルエステのいろいろ

フェイシャルエステは、どこのエステサロンでも必ずある定番エステコースです。


エステサロンごとに独自のフェイシャルエステのメニューがありますが、その一部をご紹介しますと・・・


・ ホワイトニング・・・ホワイトニング成分の入った美白クリームなどを使ってマッサージすることで、しみ・そばかすを除去してくすみのない白い肌を作ります。

・ ケミカルピーリング・・・肌に酸性の薬剤を塗って、古い角質層を除去します。にきび跡に効果的。

・ リフティング・・・シワやたるみ・むくみを解消してフェイスラインを整えます。

・ アイケア・・・年齢の出やすい目元のシワやたるみに、集中的なパックやトリートメント、マッサージを施すことによって、生き生きした目元を甦らせます。


エステサロンの中には、フェイシャルエステに超音波美顔器を使うことで、ピーリング・血行促進・うるおい成分とビタミン補給・ひきあげを効果的に行なっている所もあります。


フェイシャルエステと一言でくくっても、種類はいろいろありますので、自分の目的にあったメニューのあるサロンを選びたいものですね。
posted by mika at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

フェイシャルエステとは

エステサロンで一番メインとなるのは、フェイシャルエステです。


フェイシャルエステとは、その名の通り、お顔をケアするエステのことです。


フェイシャルエステには、大きく分けると二つの効果があります。


一つは顔を美しくする効果で、これには、ホワイトニング、ケミカルピーリング、リフティング、アイケア、オイルパックなどがあります。


フェイシャルエステのもう一つの大きな効果は小顔・痩身効果。マッサージで頬・顎の筋肉を刺激し、血行を促進することによって、二重顎・下膨れを中心にケアします。


フェイシャルエステのマッサージは、たるみ・むくみに高い効果があるだけではなく、肌の新陳代謝も促進しますので、美肌効果も抜群です。


フェイシャルの悩みのある方は、一度プロのサロンを訪ねてプロの技を体験してみるとよいのではないでしょうか。
posted by mika at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

メンズエステの選び方

メンズエステは、女性のエステと同様、たくさんのコースがあります。メンズエステのコースの一例をご紹介しますと、


・ 脱毛・・・毛深いのが悩みの方に。かみそり負けから解放されたい方にもお薦め。

・ 美顔・・・ニキビ・ニキビ跡を綺麗にしたい、たるみ・むくみを引き締めたい方に。

・ 全身・・・バランスよく美しく筋肉をつけたい、引き締まった体にしたい方に。

・ リラックス・・・心身ともにリラックスしたい、癒されたい方に。

・ ヘアケア・・・抜け毛や薄毛が気になる、おでこの広さが気になる、髪の毛をボリュームアップしたい、という方に。


メンズエステのほとんどのコースはレディースと変わらない技術を使っていますが、メンズエステならでの内容となっているのがヘアケア。


メンズエステでは、増毛サロンに通うよりずっとスタイリッシュに男性特有の髪の毛の悩みを解決することができます。


メンズエステのどのコースが自分に最も合っているのか――メンズエステサロンによってコースには若干の差がありますので、自分に必要なコースをよく検討してサロンを選ぶようにしましょう。
posted by mika at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

メンズエステとは

メンズエステとは、男性専用のエステのことです。


エステは女性のものというのはもう昔の話で、男性も美しさ・かっこよさを追求するのは当然になりつつある現在では、メンズ専用のフロアがあるサロンや、完全に男性専用になっているサロンも増えてきています。


メンズエステは、外見のかっこよさだけが目的ではなく、健康を第一と考える男性にも、スポーツジムより手軽に通える点がうけて、人気は急上昇中です。


エステと名がつくことから、メンズエステは若い人だけに広まっている印象もありますが、年代別のコースを設けているサロンも多く、幅広い年齢層の男性に合ったメニューも用意されています。


メンズエステは今後ますますポピュラーになっていくことは間違いないでしょう。
posted by mika at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。