2010年06月28日

レーシックの手術って怖くない?

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は角膜屈折矯正手術の一種で、角膜の形をレーザーで整えることによって、近視・遠視・乱視といった屈折異常からくる目の見えにくさを矯正するものです。


レーシックの手術においては角膜を削るわけですが、目は大変デリケートな器官なので、「間違って失明でもしたら大変」とレーシックの手術に不安を感じておられる方も少なくないのではないでしょうか?


レーシックの手術は、たしかに成功率が100パーセントというわけではありませんが、逆に失明の報告もありません。というのは、レーシックはあくまでも角膜の手術であり、レーシックの手術で使われるレーザーは角膜に吸収されるので、眼球内部には影響がないからです。


レーシックはすべての人に向いているわけではありませんが、このように安全性はとても高いものなので、興味のある方は、医師に相談するといいでしょう。





[PR]エステ川崎
posted by mika at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

レーシックの手術

レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は角膜屈折矯正手術の一種です。


レーシックの手術をカンタンに説明すると、


(1)「マイクロケラトーム」と呼ばれる機械で角膜の表面を薄く削り、「フラップ(ふた状のもの)」を作ってめくる。

(2)フラップをめくったところに「エキシマレーザー」を照射して角膜の一部を蒸散する。

(3)その後フラップを元の位置に戻し、フラップが自然に接着するまで2〜3分ほど待つ。


といった流れになります。


レーシックの手術は痛みはほとんどなく、入院の必要もありません。それにレーシックの手術を受けると、メガネやコンタクトの必要がなくなるため、これらの矯正器具のお世話になりたくない人にとっては非常に魅力的な手術と言えます。





[PR]雑貨
posted by mika at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

レーシックで乱視は治るか

「レーシックで乱視は治るか」――答えはイエス。日本人には近視の人が多いので、レーシックに関しても近視矯正手術としての側面ばかりが取り上げられがちです。しかし、そもそもレーシックはレーザーを使って角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する「角膜屈折矯正手術」ですから、近視と同様「屈折異常」に分類される乱視や遠視も治せて当然なのです。


レーシックは臨床例も増え、その安全性や成功率も明らかになってきており、近年ではわりと気軽に受けられるようになってきてはいますが、すべての人に適用できるわけではありません。


乱視の場合は、レーシックよりもメガネやコンタクトのほうがいいという場合もあります。乱視の治療のためにレーシックを受ける際は、事前に医師とよく相談し、レーシックを受けたほうがいいかどうか、慎重に判断するようにしましょう。





[PR]エステさいたまなら
posted by mika at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

レーシックで乱視を矯正

レーシックは現代では、近視の治療法として多くの人に受け入れられるようになってきていますが、レーシックで矯正できるのは、実は近視だけではありません。乱視や遠視もレーシックによって矯正できるのです。


レーシックは、特にメガネやコンタクトレンズで矯正しにくいような乱視がある場合には一考に価するものだと思われます。こうした乱視はレーシックで治る可能性もありますし、近視手術と乱視手術を同時に行うことも可能です。


レーシックに限ったことではありませんが、手術はすべての人に適用できるわけではありません。乱視をレーシックで治したい場合は、まずは医師に相談し、レーシックを受けることができるかどうかを確認しましょう。もしレーシックがダメな場合でも、イントラレーシックなど、他の手術を受けられることも少なくないので、そのときはそちらのほうを検討することもできます。





[PR]脱毛エステ
posted by mika at 11:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

レーシックへの保険の適用

レーシックは安全性と成功率が高いということから、視力矯正の手段としてレーシックを選ぶ人も増えてきました。


レーシックに限ったことではありませんが、手術を受ける際に成功率とともに気になることが、そのお値段。レーシックに保険は適用されるのでしょうか。


結論からいうと、レーシックは健康保険がききません。よって通常は全額自己負担。


とはいえ、場合によってはレーシックの代金がほぼ無料になることも。


レーシックには、前述のように、たしかに健康保険は適用されないのですが、実は生命保険や医療保険においては、契約内容や保険会社によっては、手術給付金の対象になっていることがあります。もしこうした保険に加入している場合は、この特権を使わない手はありません。手術前に保険会社に問い合わせ、給付が受けられるかどうか必ず確認しておきましょう。なお、手術給付金の請求をする場合は、医師の診断書が必要です。


ちなみに1年間(1月〜12月)の医療費が10万円を超えた場合、確定申告で税金が還付される可能性がありますので、「レーシック」が医療費控除に該当するか否かについて税務署に問い合わせるといいでしょう。医療費控除を受ける際には、治療費や手術費の領収書が必要になります。




[PR]コミュニティなら
posted by mika at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

レーシックと保険

レーシックは、最近話題になっている視力矯正手術です。レーシックは現時点で既に多くの臨床例があり、その成功率の高さや安全性(失明の報告例なし)から、レーシックが可能である人にとっては安心して受けられるものとなってきています。


レーシックは自由診療のため、美容整形同様、健康保険がききません。よって、レーシックを受ける際は、全額自己負担になります。そのため、安易に安い眼科医を選ぶ人も少なくありませんが、ちょっと待ってください――たしかに健康保険は適用できませんが、レーシックの費用を抑える方法がないわけではありません。


レーシックは、実は、生命保険や医療保険においては、その契約内容や保険会社にもよるものの、手術給付金の対象となっていることがあるのです。しかも場合によっては手術代がほぼ無料になるケースも。こうした保険に加入している方は、手術給付金の給付が受けられるかどうか保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。





[PR]美顔器激安なら
posted by mika at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

レーシックの際の眼科の選び方

レーシックを行っている眼科は全国に数多くあります。ですから、レーシックを受けたい方にしてみれば、どの眼科を選んだらいいか迷うところですね。


レーシックは眼科の手術としては成功率はとても高く、しかも痛みもほとんどありません。失明の例も報告されておらず、安全性も高いと言えますが、それでも大切な目を任せるわけですから、眼科選びは重要です。


レーシックの際の眼科(医)選びは、例として下記のようなことを基準にするといいでしょう。


・眼科手術の経験が豊富か

・日本眼科学会認定の専門医か

・適応検査の担当者が、国が認可した視能訓練士(ORT)であるか

・手術前の質問に懇切丁寧に答えてくれるか

・カルテの開示や提出を行ってもらえるか

・病院は清潔か

・手術後のアフターフォローは万全か

・医師やスタッフの対応は良いか

・最新の器材や情報が揃っているか

・費用の明解さと適切さ

・生涯保障システムをとっているか

・他の患者(特にレーシックを受けた人)の評判はどうか





[PR]エステ仙台なら
posted by mika at 11:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

レーシックの際の眼科選び

レーシックは最近話題になっている視力矯正手術です。日本人の約半数を占める近視の人たちなら誰でも、ちょっとくらいはレーシックに興味を持ったことがあるのではないでしょうか。


レーシックはレーザーによる視力矯正手術。だから当然、レーシックは眼科医が行います。


しかし、一言で眼科医といっても、その腕前はピンキリ。レーシック自体は非常に成功率が高く、失明したという報告もありませんが、合併症がないわけではありません。目はとてもデリケートで大切な器官なだけに、レーシックを受ける際は、信用できる眼科を選びたいもの。


レーシックを受ける際、どの眼科医がいいかを比較するのは、なかなか困難です。しかし近年は、インターネットによって複数の眼科医の情報を入手し、比較することがある程度可能になりました。


眼科医を選ぶ際は、主に「医療の質」「費用」「通いやすさ」を基準に選ぶといいでしょう。





[PR]出会いなら
posted by mika at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

レーシックで近視を治そう

近視は視力の低下の代表的なものは。視力自体はある程度年を取ると衰えてくるものですが、現代の日本人のように、近くのものを長時間凝視するような目を酷使する環境下に置かれていると、年を取らなくても近視のような目のトラブルが生じやすくなります。そして実際、日本人の約半数が近視だと言われています。


近視の矯正手段には、メガネやコンタクトなどがありますが、近年では近視の矯正のために「レーシック」と呼ばれる手術を受ける人が増えてきています。


レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、レーザーを使った視力矯正手術で、近視はもちろん、遠視や乱視にも効果があります。


レーシックの成功率はとても高く、これまでに失明した例は報告されていませんし、痛みもほとんどありません。また、レーシックの値段も手ごろになってきましたので、近視の方でレーシックに興味がある方は、レーシックを行っている「信用できる」クリニックに相談するといいでしょう。





[PR]コミュニティなら
posted by mika at 11:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

レーシックで近視を矯正

近視の場合、メガネやコンタクトで矯正するのが一般的ですが、これだとほとんどのケースでは度が進むことが避けられず、何度も買い替えが必要になります。それに何より近視の矯正器具というのは、何かとわずらわしいもの。そこで近年は、「レーシック」などの近視を矯正できる手術を受ける人が増えてきています。


レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、日本では「生体内レーザー角膜切開手術」とも訳され、レーザーを使って角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。レーシックは近視はもちろん、遠視や乱視も治すことができます。


レーシックは、多くのプロスポーツ選手をはじめ、多くの有名人が受けています。こうした背景もあって、レーシックは多くの人に受け入れられるようになりました。近視の方は、一度レーシックの施術を検討してみてはいかがでしょうか。





[PR]にきび対策なら
posted by mika at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。