2010年05月31日

コンタクトで視力回復できる「オルソケラトロジー」

コンタクトの装着時間は短いに越したことはないので、コンタクトを外している間メガネをかけているという人も少なくありません。しかしこれでは、コンタクトの連続装用は避けられても、常に何らかの矯正器具を使っていることに変わりなく、何かと煩わしいもの。


近年「オルソケラトロジー」という視力回復法が話題になっています。これは一定時間(主に寝ている間)特殊なコンタクトを装着して視力を回復し、それによって日中は裸眼で過ごすことができるというもの。


「オルソケラトロジー」の視力回復効果は、仮性近視の場合にはとても効果的で、完全な視力回復も望めるようです。しかし、基本的には視力回復効果が持続するわけではなく、コンタクトの装着をやめてしまうと2カ月くらいで元に戻ってしまうようです。


とはいえ、「オルソケラトロジー」は、将来的には短期間のコンタクトの装着で、長期間の視力回復が実現できる見通しがあるようで、視力回復の方法としては、有望なものの一つと言えるでしょう。





[PR]エステ神戸市
posted by mika at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

コンタクトで視力回復

コンタクトレンズは、視力の矯正の手段としてポピュラーな方法の一つ。コンタクトレンズは、なによりも見かけが裸眼と同じなので、メガネで人相が変わるのがイヤだという人にとっては手軽で嬉しいものですね。


しかし近年では、コンタクトレンズは、単なる視力矯正の道具にとどまらず、それ自体に視力回復効果を持たせたものも出回るようになりました。


視力回復効果があるコンタクトレンズの使い方として「オルソケラトロジー」というものがあります。この場合は一日中コンタクトを装着している必要はなく、一定時間(主に寝ている間)装着しているだけで視力回復がはかれます。


オルソケラトロジーは、コンタクトの延長として気楽に試せますし、何か問題が起きても手軽に元に戻すことができます。特にコンタクトレンズの装着上で何らかのトラブルを感じている方にはオススメの視力回復法です。





[PR]結婚とか・・・
posted by mika at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

視力回復3Dソフトいろいろ

視力回復3Dソフトの導入は、パソコンを健康のために有効利用する例と言えるでしょう。一般的にパソコンは視力の低下の原因の一つとして数えられていますが、視力回復3Dソフトなら、逆に視力回復が可能です。


視力回復3Dソフトと一言でいっても、さまざまな種類のものがあります。でも、多くの視力回復3Dソフトに共通しているのが、普段使わない目の筋肉を使うこと。これは視力回復3Dソフトに限ったことではありませんが、外科的な処置や薬品を使わない視力回復の方法では、この方法が主流のようです。


視力回復3Dソフトは、コンピューター・グラフィックを使うので、楽しく視力回復がはかれるのではないでしょうか。もちろんその効果には個人差がありますが、手術や薬品と違って副作用の心配がないので、安心して試すことができますよ。




[PR]ポイントパビリオン
posted by mika at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

視力回復3Dソフト

視力が低下することは、私たちを取り巻く環境を考えると、現代人にとってはもはや宿命といってもいいかもしれません。


視力の低下には、メガネやコンタクトといった矯正器具を使うことが一般的ですが、やはり矯正器具はいろいろ不便ですし、定期的に買い替えが必要なので、可能ならば視力回復をはかりたいですね。


視力回復の方法にはいろいろありますが、パソコンの普及とともに、「視力回復3Dソフト」なるものも登場しています。


視力回復3Dソフトには、フリーのものから有料のものまでさまざま。もちろん、視力の低下の原因はいろいろありますから、視力回復3Dソフトがすべての人に向くとは限りません。視力回復の一環として、視力回復3Dソフトの利用を検討してみるのもいいかと思います。


視力が低下する原因になるのもパソコンなら、3Dソフトを使って視力回復できるのもパソコン――パソコンは有意義に使いたいものですね。





[PR]エステ仙台なら
posted by mika at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

視力回復にブルーベリーサプリメント

視力回復に良いとされる食品として、ブルーベリーが挙げられます。これは、ブルーベリーに含まれる「アントシニアン」という色素に視力回復の作用(網膜の「ロドプシン」の再合成)があることに由来します。


ブルーベリーについては、生の果実なら一日に90g以上の摂取で視力回復の効果が見られるという報告があります。でも、いくら視力回復のためとはいえ、毎日生のブルーベリーを食べるというのはなかなか大変ですし、またブルーベリーなら何でもいいというわけでもないようです。それに、よほどのブルーベリー好きでない限り、とてもじゃないけど毎日なんて食べられませんよね。


そこで視力回復のためにオススメなのが、ブルーベリーのサプリメント。ブルーベリーエキス使用のサプリメントなら、ブルーベリー(特にアントシニアン)の効能が凝縮されていますので、少量でも大きな視力回復効果が期待できます。


とはいえ、どんなものでも、その効果には個人差があります。本気で視力回復を目指すなら、ブルーベリー以外の方法の併用も検討するといいでしょう。




[PR]スキンケアトライアルセット
posted by mika at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

ブルーベリーで視力回復

視力回復に良いといわれる食べ物の代表格として、ブルーベリーが挙げられます。


ブルーベリーの特徴は、名前の通りの深い紫。この紫色の正体が「アントシニアン」という成分なのですが、このアントシニアンが、視力回復に作用します。


人間の網膜には「ロドプシン」という紫色の色素体があります。このロドプシンには光の刺激を脳に伝える働きがあり、これによって「物が見える」と感じるのですが、眼を使っているうちにロドプシンは徐々に分解されてしまいます。このロドプシンの再合成を活発化させてくれるのが、ブルーベリーに含まれるアントシニアン。それゆえ、ブルーベリーは視力回復に役立つと言われているわけです。


ブルーベリーは日本だけでなく、世界中で注目されている視力回復食品。視力の低下にお悩みの方は、ブルーベリーを積極的に摂取するといいでしょう。





[PR]モテル方法
posted by mika at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

レーザーによる視力回復手術

視力回復法の一例として、外科手術があります。


視力回復手術としてポピュラーなものが、「レーシック」「イントラレーシック」などのような、レーザーによる視力回復手術。


レーザーによる視力回復手術の利点は、視力回復トレーニングと違い、短期間で視力の回復が見込めることと、その成功率がとても高いこと。また、レーザーによる視力回復手術に複数の種類があることからもわかるように、例えば「レーシックを受けられない人でもイントラレーシックなら可能」ということもあります。


レーザーによる視力回復手術は、特にスポーツ選手に多く受け入れられています。値段も手ごろになってきていますので、もし趣味や職業柄、メガネやコンタクトレンズの使用を避けたいとお考えの方は、レーザーによる視力回復手術を検討してみてはいかがでしょうか。





[PR]にきび治療なら
posted by mika at 11:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

レーザーによる視力回復

視力回復の方法にはいくつかありますが、レーザーを用いたものは、その中でもポピュラーな部類と言えるでしょう。


レーザーによる視力回復手術としては、「レーシック」「イントラレーシック」が特に知られています。これらのレーザーによる視力回復法は、その効果はもちろん、成功率がとても高いことでも定評があります。


レーザーによる視力回復は、目を物理的にいじるわけですから、当然医療機関で行われることになります。とはいえ、他の手術同様、100パーセントの成功率が保証されているものではありません。


レーザーによる視力回復はまた、すべての人が受けられるわけでもありませんから、レーザーによる視力回復を希望する場合は、自分がその手術を受けることが可能かどうか、事前によく確認する必要があります。





[PR]出会い募集なら
posted by mika at 11:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

視力回復センターへ行こう

視力回復センターは、近視・遠視・乱視・弱視といった目の機能の低下をトレーニングによって回復させるための場です。


視力回復センターは医療施設ではないので、どんな症状の人にも対応できるわけではありません。まずは視力回復が見込めるか否かをチェックし、視力回復センターでは対応できない人には、専門医にかかることをオススメする場合もあります。


視力回復センターの魅力は、なんといってもその安全性。今流行りのレーシックなどは、術後のトラブルの心配が全くないわけではありませんし、薬は副作用が心配です。しかし視力回復センターのトレーニングなら、時間はかかるものの、安全に視力回復をはかることができます。


視力回復のトレーニングは、対応が早ければ早いほど効果が上がります。多くの視力回復センターでは、無料体験も受け付けているので、視力の低下に悩んでいる方は、一度視力回復センターに足を運んでみるといいでしょう。





[PR]化粧品トライアルセット
posted by mika at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

視力回復センターとは

視力回復センターとは、視力回復のためのトレーニングを中心に行う場です。


視力回復センターでは、薬や手術に頼らずに、目の自然治癒力を利用して、視力回復をはかります。


視力回復センターでは、視力回復のトレーニングの前に、まずはどのくらいの期間でどこまで視力回復が見込めるかをチェックし、視力回復の見込みのある場合のみ、トレーニングに入ります。トレーニングの成果が現われるまでの期間には個人差がありますが、通常は数カ月かかります。


視力回復センターは全国に点在していますが、それほど数が多いわけではないので、特に田舎にお住まいの方は、視力回復センターの利用を躊躇されるかもしれません。しかし、視力回復センターは、月に1、2回も行けば十分。あとは自宅でのトレーニングになるので、遠方の方でも安心して利用することができます。





[PR]ビーグレン
posted by mika at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

視力回復手術の種類

視力回復手術には、レーザーを照射して角膜を削ることで屈折率を変えて視力回復させるものが多くあります。


視力回復手術の種類は、フラップを作るものとして「レーシック」「イントラレーシック」「エピレーシック」「ウェーブフロントレーシック」「イントラウェーブフロントレーシック」などがあります。


視力回復手術のうち、フラップを作らない物としては、直接角膜上皮を除去し角膜実質層にコンピュータ制御のレーザーを照射して行う「PRK」、放射状角膜切開術を意味する「RK手術」などがあります。


これらの手術が受けられないほど強度の近視の場合には、人工レンズを角膜と水晶体の間に挿入して人工レンズで屈折率を大きく変えられる「フェイキックIOL」という方法もあります。


視力回復手術は、適合検査を事前に受け、自分にあった方法を選びようにしましょう。





[PR]恋愛と結婚
posted by mika at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。