2010年04月28日

視力回復手術受けようと思ったら

視力回復手術は、比較的短時間ですむ簡単な手術がほとんどですが、視力は人が生きてゆく上ではとても重要なものですので、手術を受ける際には注意すべきことが若干あります。


視力回復手術を受けるにあたって、まず大切なのは病院選びです。


視力回復手術を行っている病院はたくさんありますが、まずは日本眼科学会認定の眼科専門医やレーシック専門医がいるかどうかを確認しましょう。加えて「視力回復手術に必要な機器がそろっているのか」「厚生労働省からの免許を持った視能訓練士(ORT)が適合検査を担当しているか」も調べておく必要があります。


視力回復手術後のアフターフォローが万全かどうかも、重要なポイントです。


視力回復に最も大切なことは、とことん下調べして信頼できる病院を選ぶことなのです。





[PR]にきび治療なら
posted by mika at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

視力回復トレーニングの種類

視力を回復させるトレーニング方法で代表的なものに、視力回復画像を使ったものがあります。


視力回復画像というのは、左右の目で別々の写真を見ることで画像を立体化させる画像のことで、一般的には立体視と呼ばれています。


視力回復トレーニングでは、平行法と交差法の二つの立体視のテクニックを使います。平行法は左右の視線が交わらないように見る方法、交差法は視線を交差させて見ます。


視力回復の度合いによって、複雑な画像に挑戦していくのがトレーニングのコツです。


視力回復画像を使うだけでなく、動画を使った視力回復トレーニングもインターネット上で公開されており、動体視力アップも図れるようになってきています。





[PR]スカート
posted by mika at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

視力回復トレーニングとは

視力を回復するためにできることの一つに、視力回復トレーニングというものがあります。


わたしたちの目は、まず目に入った光が水晶体で屈折し、網膜上で焦点を合わせることで、物をはっきり見るという仕組みになっています。視力が低下した状態というのは、水晶体を適切な大きさに動かすことができず、ピントのずれた状態であるといえます。


視力回復トレーニングは、その水晶体を動かしている毛様体筋を鍛えて、水晶体を調整して視力を回復させるものです。


視力回復トレーニングは、従来は写真や画像を使うものがほとんどでしたが、コンピュータとインターネットの普及に伴い、インターネットを使ってのトレーニングもできるようになりました。


視力回復トレーニングの一番の秘訣は、長く続けること。途中で諦めず、コツコツと視力回復トレーニングを続けましょう





[PR]コミュニティ
posted by mika at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

イントラレーシックの善し悪し

イントラレーシックは最先端の視力回復手術です。


イントラレーシックは、コンピュータで制御して手術することができるため、従来のレーシックと比べると視力回復度が大きく、また、ドライアイやハロ(光の周りがもやがかかったように見える)などのレーシックで起こる合併症も大幅に抑えることができるようになりました。さらに、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できない不正乱視を矯正することも可能です。


イントラレーシック特有の欠点としては、やや手術時間が長い、一度切り取った角膜(フラップ)の接着が安定するまでに時間がかかる、などがあります。


また、異常なほどに光に対して過敏になるという、イントラレーシック特有の合併症の報告もありますが、報告されている発生率は1%〜20%と幅があり、今後の課題といえるでしょう





[PR]エステさいたまなら
posted by mika at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

イントラレーシックとは

イントラレーシックは、視力回復手術の一種です。


視力回復手術で有名なものにはレーシックがありますが、イントラレーシックとレーシックの違いで一番大きいのは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。イントラレーシックは、コンピュータで制御するため、より薄いフラップを正確に作ることができるのです。


イントラレーシックは、レーシックでは回復できなかった強度の近視や、レーシックでは対処できなかった薄い角膜でも治療が可能。また、レーシックの適合検査で不適格となった人でも手術が受けられるようになりました。


視力回復度についても、術後の平均視力が高いとの結果もあり、今後イントラレーシックを希望する割合は増えていきそうです。





[PR]エステ福岡
posted by mika at 10:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

視力回復手術レーシックの利点と欠点

レーシックは、角膜にレーザーを照射することで角膜の屈折率を変えて視力を矯正する手術です。


レーシックの手術は入院する必要もなく短時間で済みます。また比較的成功率も高いので、眼鏡やコンタクトの使用から解放されたい多くの人に支持を受けています。


視力がダイレクトに成績に反映する多くのスポーツ選手も、レーシックを受けています。


視力回復にはうってつけのレーシックですが、合併症と呼ばれる症状が出る場合があります。こうした症状の例としては、ドライアイ、ハロ現象(明るい光にもやが見える)、グレア現象(明るいところがまぶしく見える)などがありますが、これらは一過性で一定期間を過ぎると改善されるものがほとんどです。


レーシックは、成功率が高いとはいえ、他の手術同様に失敗する可能性はゼロではありません。また、歴史自体も浅いので、長期にわたる安全性が気になる場合は、担当の医師と充分に話合い、レーシックに適合しているかどうかをしっかりとチェックしてから手術を受けるようにしましょう。





[PR]銀座ホステスの求人なら
posted by mika at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

視力回復手術レーシックとは

レーシックとは、LASIKと書き、「Laser in Situ Keratomileusis」を略した言葉です。


レーシックは、視力回復手術の中で最も有名な方法です。


私たちの目は、カメラでいうとレンズにあたる水晶体のふくらみや、しぼりにあたる虹彩の伸び縮みの調整によって、ピントを合わせていますが、この調節がうまくできなくなることで視力は低下します。


レーシックは、角膜を薄皮一枚めくってレーザーを照射し、角膜の内部を削ります。その結果、角膜の屈折力が変化し、それまでぼやけて見えていたものに焦点を合わせることができるようになり、視力を回復することができるという仕組みです。


レーシックは、2005年のアメリカでは130万症例を超えています。プロゴルファーのタイガー・ウッズがレーシックにより成績を上げたという話が広まったこともあり、多くのプロスポーツ選手もレーシックを受けるようになっています。





[PR]エステ福岡なら
posted by mika at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

視力回復方法いろいろ

「視力を回復させたい」というのは、メガネやコンタクトのお世話になったことがある人にとっては共通の願いです。一度視力が低下してしまったら、もう一生回復しないというのは昔のこと。


視力回復のための手術を用いなくても、視力回復のためのトレーニング方法によって再び視力を向上させることはできます。


さらに最近では、視力回復のためのグッズも豊富に出回るようになっています。


視力回復のために目の周りの疲れや緊張を取り除くアイテムとしては、


・ヒーターやバイブレーション機能のついたアイマスク

・1日3分かけるだけで眼筋体操が効果的に行えるピンホールアイマスク

・超音波を使ってマッサージ効果を得る治療器


といったものが挙げられます。


視力回復に1日たった数分を費やすだけでいいというのは、いかにも魅力的なお話ですね。




[PR]化粧品なら
posted by mika at 11:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

視力回復方法

視力を回復する方法は、主に、視力回復手術と視力回復トレーニングの二つに大きく分類することができます。


視力回復手術は、物理的に角膜を除去したり傷つけたりすることで、水晶体における光の屈折率を変化させ、網膜上でピントが合うようにします。


視力回復トレーニングは、普段しないような目の動き・トレーニングを続けることで、水晶体のふくらみを調整している毛様体という筋肉を強化して、視力の回復をはかります。


視力を手軽に素早く回復したい場合は、視力回復手術が有効ですが、合併症が出る場合があります。時間がかかっても安全に確実に視力を回復させたい場合は、視力回復トレーニングで地道に回復を図る方法がいいでしょう。





[PR]スキンケアトライアルセット
posted by mika at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

視力回復

視力回復というのは、視力の悪い人にとっては本当に重要なことですね。


視力回復させる方法の代表例は、視力を補強するために眼鏡やコンタクトを使用すること。また、視力そのものの回復法としては、目の治療・手術等を施す医学的な方法。そういった医学的な方法以外にも、視力を回復させるトレーニングを試みる、視力回復に効果的というサプリメントや食物を摂るといった方法などがあります。


視力回復のために、日常的にできるちょっとした方法があります。視力回復の本によく載っていますが、両手をこすって熱くなったら目に当てて、眼球を左右に10回、上下に10回、左回りに10回、右回りに10回動かすことです。手をこすりあわせることで、手の中央部分にいわゆる「気」が生じ、その気の力が視力回復に効果的と想像できます。


わたしも両目1.2から左0.4、右0.7まで1年で低下した後、約1年で両目とも1.2に戻した経験があります。この時特別なことをしたわけではないのですが、薄暗いところで本を読むこと、これが効果的だなと自分では思ってました。どうも昔から、明るいところで本を読む方が目が疲れるのです。


しかし一般的にはそうはいわれてないので、あまり口にしたことはありませんでしたが、視力回復された方のオススメ方法に、「暗いところで小さい字を読む」というのを見つけて、ああやっぱりそうだったかと納得いたしました。


ご参考までにどうぞ。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ykamie/kami02.htm




[PR]ホステスの求人なら
posted by mika at 11:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。