2010年03月31日

視力回復

視力回復とは、文字通り低下した視力を回復させることです。日本のメガネをかけている人口は、6000万人ともいわれています。これだけの人間がメガネのお世話になっているとしたら、視力回復は確かに関心の高い話題といえるでしょう。


視力を含め、わたしたち(の身体)は日々変動しています。視力に自信のある人も、パソコンなどの作業をしすぎた時は、やはり普段より見え難く感じるもの。


視力は、午前より午後の方が低下しています。これは眼のレンズ・水晶体を伸び縮みさせる毛様帯筋が疲れてきて働きが鈍くなるためとのこと。メガネを作る時は、午前に視力を測定しないと、度のきついメガネを作ってしまうことになりますね。


しかしこれは、午後に低下した視力も、翌日の午前には回復しているということを意味します。つまり、低下した視力も、それが固定化しなければ何もしなくても、すぐ回復できるということですね。


視力回復は、お早めに。

パソコン作業やゲームなどを長時間する時は、1時間に10分程度休憩して目を休ませると良いとよくききます。「そんな休憩、かったるい」などとつい思ってしまいますが、そういった日々のちょっとした気遣いが、視力回復のために最も簡単で効果的な方法といえます。





[PR]中高年の出会い
posted by mika at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

日本人ならスローフードいっぱいのロハス生活はおてのもの

スローフードは、イタリア生まれの“食の地域性や伝統を大切にしながら人の健康と環境によい食事を”という運動から生まれた言葉です。


スローフードという言葉がイタリア生まれということで妙におしゃれな印象を持つ方もいるかもしれませんが、もともと西洋文化とは違い、自然との調和を図りながら文化を発達させてきた日本では、少し歴史を遡ればその生活はロハス生活そのもの、食はスローフードで溢れていたのです。


今でも、スローフードという名前がつかなくても、日本の伝統的な家庭料理はスローフードそのものです。


ロハスな視点をもって、今まで使っていた野菜を無農薬・有機野菜に、そして化学調味料から味噌・醤油を使った味付けに変え、昔ながらの家庭料理を作るだけでもスローフード生活がスタートできる日本人には、スローフードいっぱいのロハス生活はおてのものと言えるでしょう。





[PR]携帯情報
posted by mika at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

スローフードとロハス

スローフードとは、イタリアのBRAという片田舎から始まった、食文化を大切にしようというNPO活動が出した「スローフード宣言」から端を発しています。


スローフードという言葉から想像がつくとおり、ファーストフードの反対をいき、「ゆっくり作られた食材を丁寧に調理して味わおう」というのが大きなポイントです。かといって、ただのグルメではなく、より安全で美味しい物を食べれば、人は持続的に健康を手に入れることができる」という理念がその根底にあります。


スローフードには、環境破壊から農作物を守ろうとする意図も盛り込まれており、まさにロハスな精神を食にあてはめたものがスローフードと言えるでしょう。





[PR]結婚なら
posted by mika at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

ロハス商品と共にある暮らし

ロハス商品は、人の健康と自然を重視する傾向が高まるとともに、近年様々な分野でシェアを伸ばしています。


ロハス商品という名前から、今までとは全く新しい商品のジャンルと思い浮かべる方も多いかとは思いますが、日本では古くから伝わっているいろいろなモノがロハス商品として再認識されているのです。


身の回りにある何気ない道具の中にも自然の息吹を感じることができれば、立派なロハス商品となりますし、長く使い続けることができる道具も立派なロハス商品となります。


ロハスな視点を持つことで、それまであった平凡なモノもロハス商品に早代わり。ロハスを今までの日常生活に見出し、ロハス商品と共に暮らしながら人と自然に優しい心を培うことこそ、“ロハス商品”の存在価値があるのかもしれないですね。





[PR]エステ 札幌体験なら
posted by mika at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

ロハス商品のいろいろ

ロハスという言葉が広く使われるようになって、ロハス商品と称する様々な物が売られるようになりました。


ロハス商品と言われる物には、自然や人の健康に良い物、長く使い続けることができる物、無駄がない物、天然の素材を使った物、古いものをリニューアルした物などが当てはまります。


ロハス商品の代表的なものには、無添加食品や無添加化粧品、エコカーなどの省エネタイプの車や電化製品などがあります。ロハス住宅と言われる家も登場、木や紙・土を使って20年、30年以上も使えるようにした住宅や、地熱や太陽熱を利用した空調を備えた住宅、接着剤にいたるまで自然素材にこだわった住宅・・など、自然を最大限に取り入れたアイデア一杯の住宅も登場、今まで化学物質を大量に使うことでアレルギー症状の出ていた人達には待ちに待った家とも言えます。


ロハス商品は、今まで化学物質に頼りすぎてきた人類の自然への回帰の一つのあらわれなのかもしれませんね。





[PR]エステ札幌なら
posted by mika at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

ロハスな生活を始めるには

ロハスな生活とは、自分の健康を意識し、次の世代のための環境を考えた、自然と調和した生活のことです。


ロハスな生活を始めるのはとても簡単です。


まずは自分の身の回りをチェックしてみましょう。


ロハスな生活はまずは省エネから―――歩いていける距離なのに、電車やバス、車を使っていませんか?無駄に冷暖房を効かせすぎてはいませんか?


ロハスな食べ物には、マクロビオティック、スローフードがおすすめですが、簡単にスーパーでも手に入る無農薬野菜から始めるのもOKです。


ロハスな生活に欠かせない健康を管理するには、ヨガやアロマテラピーで心と身体もリラックスしましょう。さらには、身の回りにある様々な物に何が使われているのかをチェック、有害な物質を使うのはやめ、木や自然にある物に換えていきます。


ロハスな生活を楽しみながら、人にも地球にも優しくありたいものですね。





[PR]コミュニティなら
posted by mika at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

ロハスな生活のすすめ

ロハスな生活とは、人の健康に良く、持続できる社会を可能にするような生活のことを言います。


ロハスな生活の代表的なものには、ヨガやアロマテラピーなどの心と身体をいやすもの、リサイクル商品の利用や低燃費・低排出ガスなどのエコカーの利用、省エネ、太陽発電などの再生可能なエネルギー源の利用、木や自然素材を使った雑貨類の利用などが挙げられます。


ロハスな生活は、上で見るように、それぞれの心の持ちようによって簡単に始めることができます。ひとりひとりがほんの少しロハスを意識するだけでも、地球全体には大きな変化をもたらします。ロハスな生活を意識して、次の世代により美しい地球を残していこうではありませんか。





[PR]健康なら
posted by mika at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

ロハスの意味とは

ロハスとは、「Lifestyles Of Health And Sustainability」の頭文字をとった造語です。


ロハスの意味については、イメージ的にエコロジカルなものを漠然とロハスと捉えている人も多くいるかもしれませんが、実は幅広い意味を持っているのです。


ロハスの意味には、自然食品などの健康的なライフスタイルの追求から始まり、ヨガや能力開発などの自己啓発、自然療法や予防利用などの代替医療、環境に配慮した製品を使用するエコロジカルなくらしを実践すること、さらに経済的な面からのアプローチとして再生可能なエネルギーや都市の緑化を進めて持続可能な経済を実現すること、などの意味があります。


しかしながら、ロハスのスタイルは、各人が自分のできる範囲内のことを楽しみながら気楽にやっていくというのが定番。あくまで自然にがモットーということでしょうか。





[PR]銀座のホステスの求人なら
posted by mika at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

ロハスの意味

ロハスとは「Lifestyles Of Health And Sustainability」つまり「健康と持続可能なライフスタイル」を意味します。


ロハスの“持続可能性”は、健康が持続可能という意味ではなく、地球環境の持続を意味します。意味の中には、もちろん、経済的な持続性も含まれ、再生可能なエネルギー、都市の緑化、地球温暖化の防止や代替輸送手段などがロハスとされています。


ロハスな人達が実際に何かの製品を選択する際には、その製品に有害物質が含まれているかどうかだけを問題とするのではなく、製造過程においても人や地球環境に害はないかまでを検討すると言われています。


ロハスが望むのは、地球環境を維持し、今の地球環境あるいはより良い地球環境を次世代へつなぐこと。ロハスの意味には、そこまで深い意味が込められているのです。





[PR]スキンケアトライアルセット
posted by mika at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ヨガインストラクター

ヨガへの人々の関心は、健康ブームが続く限りは高まるでしょう。そういう意味では、ヨガを指導するヨガインストラクターは、ヨガ教室では求められている人材ではないでしょうか。


ただし、独学ではなくて、きちんと指導を受けてヨガについての歴史や基本的な考え方、修行の方法や注意点などを正しく理解しておかないと、ヨガインストラクターとしては活躍はできないでしょう。


その為にも、実績があり、信頼性の高いヨガ教室で学ぶことは、ヨガインストラクターとしての道を目指す人達の近道と言えるでしょう。


このストレスで苦しむ現代社会の中で、心と体を癒す為の役割を担うヨガインストラクターは、仕事としても充実したものだと思います。あなたも、ヨガインストラクターを目指してみませんか?





[PR]スキンケアお試しセット
posted by mika at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターには、公的な資格があるわけではない。養成講座を受講するなどして、団体や企業などが発行する認定資格を取得するのが一般的なようだ。しかし、一番重要なのは、やる気があって、人を指導しながら、人生を学ぶ姿勢だろう。


現在のヨガは、「ハタ・ヨガ」「ホット・ヨガ」「パワー・ヨガ」「アシュンタンガ・ヨガ」「アイアンガー・ヨガ」「クンダリニー・ヨガ」「ラージャ・ヨガ」「シバナンダ・ヨガ」などの種類のヨガと教室があり、その特徴も様々である。したがって、ヨガインストラクターになる場合は自分の好きなものを選んで、それを一生懸命学んで目指せばいい。


まずは自分のスタイルに合ったヨガを選んで学ぶ。その過程で、ヨガインストラクターを目指すようになるかどうかは、あなた次第だろう。





[PR]恋人探し
posted by mika at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。