2009年11月28日

抗がん剤による脱毛対策

抗がん剤は、一般的にとても副作用が強く、肉体的に様々な症状が伴いますが、本人だけではなく、外から見てもわかる副作用が脱毛です。


 抗がん剤による脱毛は、ドラマなどでもよく見かけるため、「抗がん剤=脱毛」というイメージが付きまとい、特に女性の方は、抗がん剤を使うことに非常に抵抗があるのではないでしょうか?


 抗がん剤を使うといっても、必ず脱毛するというわけではありません。また、脱毛が起きたとしても、抗がん剤による治療が終われば、また髪は再生します――といっても、髪の毛を大切にされている方にとっては、とても辛いことでしょう。でも、命には代えられませんし、3カ月から半年くらいすれば、かつらや帽子なしでも大丈夫なくらい髪が伸びます。


 抗がん剤による脱毛をあまり悲観せず、前向きに癌と向き合いたいものですね。





[PR]エステ北九州で体験
posted by mika at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

皮膚がんと環境問題

皮膚がんは、癌が出来る場所が皮膚であるだけに、早期発見が比較的容易な癌です。とはいえ、それはあくまでも「医者が診れば皮膚がんとわかる」という話であり、当人が検査を受けなければ話になりませんから、油断は禁物です、


 皮膚がんに限ったことではありませんが、近年の癌の増加には、環境問題が絡んでいます。特に皮膚がんの場合は、オゾン層の破壊による、地表に届く紫外線量の増加の影響も大きいとされています。また、農薬や食品添加物、大気汚染や水質汚濁などによる、発癌性物質の摂取による影響も無視できません。


 このように、現代人は癌になりやすい環境に身を置いているわけですから、皮膚がんについても、少しでも疑いを感じるようでしたら、検診を受けることが望ましいでしょう。





[PR]スキンケアトライアルセット
posted by mika at 11:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

皮膚がんの早期発見〜メラノーマの場合

皮膚がんには大きく分けて、「表皮がん」と「悪性黒色腫(メラノーマ)」があります。ここでは皮膚がんの中の、メラノーマについて、主な早期発見のポイントを挙げます。


 ・色は全くの黒色、もしくは黒色に茶色が混っている(まれに癌の一部が自然に治って皮膚の色となっていることもある。また、極めてまれに、皮膚色もしくは紅色の無色素性メラノーマもある)。

 ・しこりの周りに墨がにじみ出たように見える場合は要注意。

 ・爪の下にできると爪に黒いスジが入ったように見える。

 ・直径5mm以下ならまず大丈夫だが、数カ月から1年で急に直径6mm以上になった場合はメラノーマの疑いあり。

 ・ペンシルチェック。癌と思われる部位に鉛筆のお尻を当ててみて,はみ出すようであれば要注意。


 皮膚がんの中でも、メラノーマは進行が早く、治療が手遅れになると生命にも関わる恐ろしい癌です。しかし、早期に発見できれば、ほとんどの場合、手術によって完治できる皮膚がんでもありますので、メラノーマの疑いがある場合は、早期に検診を受けるようにしたいものです。





[PR]ネットナビ
posted by mika at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

すい臓がんの早期発見

すい臓がんの早期発見は非常に困難です。それゆえ、すい臓がんは、一度かかると、その死亡率は80パーセント以上。


 とはいえ、すい臓がんの早期発見の例も皆無というわけではありません。以下にすい臓がんの兆候を記しますので、参考にしてみてください。


 ・飲酒の習慣がある人に、急激な食欲減退と体重減少が見られる。

 ・胃腸、肝臓、胆嚢は正常だが、食欲不振・消化不良・体重減少が起きる。

 ・子宮筋腫や卵巣手術の数年後に上腹部痛や背部痛が出る。

 ・数日で治るような、原因不明の腹痛と発熱を繰り返す。

 ・血液中特殊蛋白CEA、フェリチン、CA19−9などに異常値が出る。

 ・上腹部の異常感、不快感、疼痛、背部痛があるが、胃腸、肝臓、胆嚢、胆道などは正常と診断された場合。

 ・日常的にガソリンを取り扱う人が腹痛を訴えた際、胃腸、肝臓、胆嚢、胆道などは正常と診断された場合。


 上記の内容のいくつかに心当たりがある人は、速やかにすい臓がんの検査を受けると良いでしょう。





[PR]ネットショップなら
posted by mika at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

すい臓がんの予防

すい臓がんは、癌の中でも特に治りにくい癌です。しかも早期発見も難しいというのですから、なおさらやっかいですね。そうなると、やはり「予防するしかない」ということになってきます。


 すい臓がんの有効な予防策としては、やはり第一に禁煙と食生活の改善が挙げられます。食生活に関しては、高脂肪のものは避け、旬の野菜を意識的に摂ることを心がけることや、お酒はほどほどにすることによって、すい臓がんの発症率を低下させることができると言われています。また、すい臓がんは免疫の低下によっても発症しやすくなるので、ストレスをためず、適度な運動で体を鍛え、休養もしっかり取ることも大切です。


 すい臓がんは冒頭でも述べたように、癌の中でも特にかかると大変な癌です。日々の生活の中で、できるだけ予防を心がけたいものですね。





[PR]ダイエット サプリメントなら
posted by mika at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

がん保険に入ろう!

癌は日本人の死因のトップで、全死亡者数のおよそ3分の1を占めています。また、死亡にまで至らずとも、日本人のおよそ2人に1人は生涯で一度は癌にかかるような状況です。

 癌は今や、こんなにポピュラーな病気ですから、「がん保険」というものがあるのも頷けますね。


 がん保険の一番のメリットは、何と言っても、がんにかかった際に保険金が支給されること。しかも給付日数に制限がありません。入院している間は、当然働くことができないわけですから、がん保険は、癌にかかったときには力強い味方になってくれます。


 癌にかかる確率は、冒頭でも述べたとおり、交通事故や火災に遭う確率よりもずっと高いのですから、極論を言えば、がん保険に加入しておいて損はありません。ただし、がん保険は誰でも加入できるわけではありませんので、加入の際は加入条件の確認が必要です。




[PR]中高年の出会いなら
posted by mika at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

がん保険のススメ

癌は、医療技術の進歩によって、早期発見と完治の確率は高くなりました。とはいえ、癌は依然として恐ろしい病気であることに変わりはなく、入院が長期にわたることも決して珍しいことではありません。


 癌の場合、手術が一度で終わらないこともありますし、健康保険が適用されない高額な治療を受けなければならないこともあります。このように癌は、多くの人にとって、肉体的・精神的な苦しみ以外に、家計の圧迫という問題をももたらすもの。特に一家の働き手が癌にかかった時の本人および家族の苦しみは計り知れません。そこで「がん保険」の出番です。


 がん保険と一言で言っても様々なものがあり、サービス内容もそれぞれ違います。自分の収入や家族構成などをよく考慮した上で、自分や家族に合ったものを慎重に選ぶようにしましょう。





[PR]エステ北九州なら
posted by mika at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

前立腺がんの予防

前立腺がんに対する決定的な予防策は、現時点では実はよくわかっていません。


 ただし、前立腺がんの発症には、過度の飲酒・高脂肪食・緑黄色野菜の不足などの、食生活上の問題が関わっていると考えられています。ですから、お酒の飲みすぎや脂肪の取りすぎは控え、肉よりは魚を、そして野菜を積極的に取るようにしたいものです。


 前立腺がんの予防の決め手となる対策がまだわからないとはいえ、前立腺がんも、癌には違いありません。上記のことに加え、禁煙などの、一般的な癌の予防策を心がけながら生活してゆけば、発症率はかなり低く抑えられることでしょう。





[PR]脱毛エステなら
posted by mika at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

前立腺がんの検診

前立腺がんの初期は、自覚症状がほとんどないので、早期発見のためには定期的な検診が必要になってきます。


 前立腺がんの早期発見の検査としては、「直腸診(肛門内の触診)」「超音波診断(肛門から直腸内に超音波プローブを挿入してとった前立腺の断層画像による診断)」「腫瘍マーカー・前立腺特異抗原(前立腺で作られる糖たんぱく質で、一般的にPSAと呼ばれる)の測定」の3つがあります。


 前立腺がんの早期発見においては、特にPSAの測定が有用です。この検査は、前立腺がんになると上昇する血液中のPSAの値を測定して、前立腺がんの有無を診断するもの。血液検査だけなので、他の検査と比べても気軽に受けられます。


 前立腺がんは、欧米をはじめ、日本でも急増中の癌。「自分は大丈夫」といった油断は禁物です。





[PR]化粧品トライアルセット販売
posted by mika at 11:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。