2009年10月28日

子宮がんの予防

子宮がんは、医療の進歩によって死亡率が下がったとはいえ、予防できるならばそれに越したことはありませんね。子宮がんを予防するためには、日常生活でどのようなことに気をつけたらいいでしょうか?


 子宮がん予防の第一は、体や局部を常に清潔にしておくことです。これによって、特に子宮頸がんの原因である感染症を防ぐことができます。


 子宮がんはまた、食生活や生活習慣とも密接な関係があると言われています。子宮がんを防ぐための具体的な生活改善の例としては、以下のものが挙げられます。


 ・禁煙

 ・お酒はほどほどに

 ・適度な運動と休養

 ・ストレスをためない

 ・「和粗食」「長寿食」のような、体に良くバランスの良い食事を心がけ、食べ過ぎない

 ・癌の発生要因とされている「活性酸素」を抑える物質を多く含む食品(ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食品)を摂る


 子宮がんに限らず、どんな病気でも、予防は生活習慣の改善から。まずは上記のことを心がけながら、子宮がんにならない体づくりをしたいものですね。





[PR]しわ改善なら
posted by mika at 11:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

子宮がんの早期発見

子宮がんは、癌ができる部位によって、「子宮頸がん」と「子宮体がん(子宮内膜がん)」に分けられますが、この二つは診断・治療・予後がかなり異なります。この癌も他の癌と同様、早期発見が完治の決め手となります。


 子宮頸がんは、早ければ20代から見られ、一般的に初期は無症状です。それゆえ30歳(結婚している場合は25歳)くらいになったら、年に一度子宮がんの検診を受けることが望ましいでしょう。


 子宮体がんは主に閉経後の人に発症しますが、不妊症の人や卵巣機能に障害がある若い人にも起こります。子宮体がんの初期の症状としては、不正出血や月経異常が挙げられます。特に閉経後に月経のような出血が見られる場合は、速やかに子宮体がんの検査を受けるべきでしょう。


ちなみに、「子宮がんの検査」と言う場合は、子宮頸がんのみの検査を指すこともあるので、検診の際には注意する必要があります。





[PR]化粧品お試しなら
posted by mika at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

大腸がんになったら

大腸がんは、初期に発見できれば、ほぼ確実に完治する癌です。ですから、癌を予防もしくは早期発見ができればそれに越したことはありません。食生活に気を付け、40歳を過ぎたら毎年大腸がん検診を受けていれば、大腸がんで死ぬ可能性をほぼ確実になくすことができます。


 大腸がんの自覚症状が見られるようになった段階で癌が発見された場合は、かなり進行していることが多いです。そうなると当然死亡率は高くなりますが、手術可能な時期であれば、仮に他の部位に癌が転移していたとしても、外科療法による完治が期待できます。


 大腸がんを思わせる症状(血便・下血・便秘と下痢の繰り返しなど)に気付いたら、手遅れにならないうちに、速やかに大腸がんの診察を受けることが大切です。





[PR]エステ仙台
posted by mika at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

大腸がんとは

大腸がんとは、その名のとおり、約2mある大腸にできる癌です。日本人の場合は、特にS状結腸と直腸に癌が出来やすい傾向があります。


 大腸がんの罹患率は、年齢別に見ると、50才前後から増加し始め、以降、年齢が上がるごとに高くなります。また、性別では、男性の方が女性よりも、罹患率・死亡率ともに約2倍になっています。


 大腸がんは、進行してしまうと死亡率が高くなりますが、初期に癌が発見できれば、ほぼ100%完治させることができます。しかし、初期は一般的に無症状なので、特に40歳を過ぎた人は、毎年大腸がん検診を受けることをオススメします。





[PR]エステ横浜
posted by mika at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

アトピーと化粧品

アトピーの方は肌がとても敏感。敏感なだけではなく、炎症や湿疹を起こしている場合もありますね。そこで「アトピーの人は化粧できるの?」という心配もあるでしょう。


アトピーの方の場合、もちろんアトピー症状を悪化させるような化粧品は使用しない方がいいですが、化粧品を慎重に選べば、スキンケアにも役立ち、アトピー改善に効果的が出る場合もありえます。心配な方は、主治医に相談してみるのもいいでしょう。


「アトピー用化粧品」とうたっている商品を見かけますが、安く量産されている「アトピー用化粧品」にはちょっと注意が必要です。安い化学物質を原料として使用していると金額的に安くなりますが、本当に無添加や天然系の原料の場合、価格はある程度高くなるものです。


「アトピー用化粧品」というキャッチコピーがあっても、安物買いしてアトピー症状が悪化しては大損です。成分や原料を確かめて購入するようにしてくださいね。





[PR]にきびクリームなら
posted by mika at 11:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

アトピーと化粧品

アトピーの方にとって、直接肌につける化粧品は慎重に選びたいものですね。


アトピー肌向け化粧品を選ぶ時のチェックポイントは、低刺激、天然成分、無添加、環境にやさしい、使用感の心地よさ、無香料(もしくは微香)、弱酸性とあげられます。


アトピー向け化粧品は、まず低刺激であることが重要です。今時の化粧品は、アトピー向けでなくても「お肌にやさしい」ことが重視されてますから、ほとんど低刺激ともいえますので、その中でもより良いものを選びましょう。成分表示で水の次に書いてある成分が低刺激であるかチェックしましょう。


アトピー肌向け化粧品を選ぶには、天然系のものを選ぶといいでしょう。天然の化合物(石けんやアミノ酸系界面活性剤)、天然配合(コラーゲンなど)のものなどは、お肌にやさしいといえます。


アトピー向け化粧品は、無添加のものを選ぶのも重要です。無添加とは表示指定成分の化合物を含まないものです。


アトピー向け化粧品を選ぶには、香りのきつい化粧品には注意しましょう。香りそのものが肌に影響を及ぼすわけではありませんが、香りが強い場合、刺激のある成分が配合されている可能性があるからです。





[PR]エステ仙台なら
posted by mika at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

アトピーとスキンケア

アトピーの治療として、スキンケアも重要です。スキンケアをしっかり行うことで、アトピーの症状が悪化しない、改善されるという効果があります。


アトピーのスキンケアとして、衣服を木綿製にするというのがあげられます。直接肌に触れる衣服は、特に敏感になっているアトピー肌にとって十分な刺激となります。肌に刺激が少なく、吸湿性に優れた木綿性の下着や衣服がいいでしょう。しかし、オムツについては綿製は逆にむれてしまいますので、配慮が必要です。


その他スキンケアとして、衣服が汗でぬれたらこまめに着替える、洗濯する時は、すすぎをしっかりして洗剤が残らないようにする等があげられます。


また、かゆみのために皮膚をひっかいてしまうことがありますから、爪は切っておくのもスキンケアのひとつでしょう。


また肌に触れるもの、たとえば布団やカーテン、あるいはぬいぐるみなどを適宜洗濯しておくのも、スキンケアの一環といえます。





[PR]エステ北九州
posted by mika at 11:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

アトピーとスキンケア

アトピー症状を改善するには、肌を清潔に保つこと、そして肌の負担を減らすことが必要です。いわゆる「スキンケア」といわれるもので、軽度のアトピーでは、このスキンケアを十分するだけで大きく改善されます。


アトピーになると、皮膚が乾燥してバリバリの状態になります。そこで、スキンケアとして、毎日シャワー浴びるか入浴するといいでしょう。


入浴の際は、せっけんで体を洗います(こすりすぎない、すすぎはしっかり)。しかし、せっけんで体を洗うことは清潔面では有効ですが、保湿面では逆に乾燥してしまいます。そこで何らかの保湿剤によって潤いを補うことが必要になります。


保湿には、市販もしくは病院処方の保湿剤・化粧水・ベビーオイルなどを使用します。保湿剤が肌に合わない場合は、使用は中止して医師に相談します。


アトピーのスキンケアとして、日焼け対策も重要です。日焼けというのは紫外線によって肌が炎症を起こしている状態です。日焼け止めクリームを塗って外出するようにしましょう。肌に合わない場合は、使用をやめて医師に相談しましょう。





[PR]化粧品トライアルセット
posted by mika at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

アトピーとステロイド

アトピー治療において、ステロイドは強力な効果があります。ステロイドのもつ炎症を抑える性質が、アトピー症状の湿疹・かゆみにすぐに効くため、重宝がられてきました。しかし昨今では、ステロイドを毎日患部に塗布していると副作用が出るということで、脱ステロイドのアトピー患者が増えています。


とはいえ、「ステロイドは危険!」と思っていきなりステロイドを使用しなくなると、「リバウンド」というものが生じます。アトピー症状悪化の他、頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、発熱といった症状も出ることがあります。


ステロイドを使用する場合は、症状にあったランクのステロイドを使用するのが重要です。さらに医師がきめ細かく指導すること、その指示を守ること、疑問や不安は医師にすぐ確認すること等に気をつければ、ステロイドは極めて有効な治療薬となります。


ステロイドの悪い風評で、自己判断で止めてリバウンドするより、医師にまずはその旨相談する方が良いでしょう。





[PR]エステさいたまなら
posted by mika at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事| 化粧| 彼女| 出会| 恋愛|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。